復縁のために好かれようとしない - 復縁方法.jp

あのときの輝きをもう一 度…
大好きな恋人とやり直したいあなたへ贈る最高のプレゼント

復縁、復活愛 元彼と よりを戻したい方、失恋してやり直したい方、
占い や おまじない に頼らず自分で出来る元彼と よりを戻す方法を公開します!

HOME > 復縁事例メルマガ バックナンバー > 復縁のために好かれようとしない

復縁のために好かれようとしない


この記事をはてなブックマークに追加

ご相談を拝見していて時々思うのですが、
復縁をしたいがために、自分のキャラクターを捨てようとしている方が
います。

例えば、弱々しい女の子が好きな彼のために、これまでは明るくて
豪快だったタイプの女性が急に萎らしくしてみる、など。

これまでは俺様タイプだった男性が、急に優しくなるなど。

相手のことを考え、反省をし、改善をしていくことはとても良い事です。

しかし、突然の180度の変化は、相手も混乱してしまうだけだと思います。


相手は、明らかに自分が別れを告げたせいで、何やらおかしな態度に
なっているあなたに対して、どうしたら良いのか分からなくなるでしょう。

そして、とりあえず距離を置こうとしてしまいます。


もう一度言いますが、改善をするのは良いことです。

そこは勘違いをしないで下さいね。


では、受け入れられる改善と、離れられる改善との差は何でしょうか?


それは、自信の差だと思います。

例えば、同じように相手に同調をするにしても、擦り寄った感じに
受け取られてしまう場合と、理解されたと嬉しくなる場合とありますよね。

擦り寄った感じに見受けられるのは、あからさまに相手に受け入れられようと
無理をしているような感覚を持った時です。


では、なぜそのような感覚を与えてしまうのか?


それは、声が小さかったり、表情が乏しかったり、上目遣いだったり、
いずれにせよ、自信の無さげな言動から来るものだと思います。

これまでとは違う自分を演じようとするあまり、自信の無さから
オドオドした態度を取っていませんか?


嫌われたらどうしよう・・・

あんまり笑ってくれないな・・・


などなど、不安要素が満載な中で会話をするので、つい自信のない様子に
相手には見えてしまいます。

その様子が、無理をしている印象を与え、不快感を生むと思うのです。

ですから、とりあえずは不安要素ばかりを気にせず、
堂々と接することが大切だと思います。

相手の意見に同調をするからといって、相手にへりくだる必要はありません。

オドオドと「そ、そうなんだね」なんて言う必要も無いのです。


堂々と「それは良く分かるよ」と笑顔で返す。

うつむかずに相手をきちんと見る。


確かに、緊張することもあると思います。

なぜ緊張するのかといえば、嫌われたくないという思いが強いからだと
思うのです。

しかし、気にしなくても元はあなたの恋人です。

あなたの堂々とした態度を見て、嫌いになることは無いと思います。
嫌いになるとしたらもっと別の事柄でしょう。

逆に、オドオドとあからさまな擦り寄りを見せる方が、
相手は困るのではないでしょうか。


メールにしても同じです。

これは表情や様子が分からないため、比較的相手には不快感を与えないと
思いますが、メールの場合は送る間隔であったり、内容が重要になってきます。

ここでも何度もメールの内容云々については書いてきましたが、
取ってつけたような用事は、相手からすれば擦り寄りだと感じてしまいます。

また、女性に多いのですが、お付き合いをしていた頃の呼び方で、
メール中に何度も名前を書く方。

これはとても親しみを与えます。

普通なら良いことです。

しかし、復縁という観点から見ると、親しげにされることは困る、
という印象を相手に与えてしまうでしょう。

メールは出す相手一人に対して話しかけるものですから、何度も
名前を書かずとも分かる部分もあろうかと思います。

例えば
「お久しぶり、隆くん(仮名)。
  最近すっかり寒くなったけど、隆くんは風邪とか引いてない?
  私は最近仕事で遅くなることが多いから、少々風邪気味です。
  隆くんに前教えてもらった風邪の引き始めに効く薬を飲んでみました。
  何となく効いてる気がするよ。さすが隆くんだね!」

なんて文章を受け取ったら・・・・。

ちょっとウザいな、と思われても仕方ありません。

ここから名前を抜いてみます。

「お久しぶり。
  最近すっかり寒くなったけど、風邪とか引いてない?
  私は最近仕事で遅くなることが多いから、少々風邪気味です。
  以前教えてもらった風邪の引き始めに効く薬を飲んでみたよ。
  何となく効いてる気がする。さすがだね!」


ほら、何となくスッキリしたイメージではないでしょうか。


このように、ちょっとしたことですが、印象が変わります。

会って話をする際にも、表情や態度というちょっとしたことですが、
印象が変わります。

どうにも、言われた通りにやってみたのにうまく行かない、
マニュアル通りにやってるのに、相手に警戒されている、と思う方は
この辺りを気にしてみると良いのではないかと思います。

相手に好かれたいという気持ちはとても大切です。

何も気にせず傍若無人に振舞って、好かれることは稀でしょう。

ですから、自己を省みて、改善をしようとすることは
とても良いことだと思います。

ただ、せっかくの努力が、ちょっとしたことで効果が出ない
という場合もあるかと思います。

何を話すのか、何を伝えるのか、という点もとても大切ですが
相手に自分はどう映っているのか、ということを考えることも
大切な要素だと思います。


また、何度も書いているように、復縁したい相手に対してのみ、
気を使っていても、なかなか自分の身にはならないと思います。

そのような状況下で相手に接触すると、オドオドと自信の無い感じに
なってしまうことも多いのではないでしょうか。

普段から心がけておくと、大好きな彼(彼女)の前でも自然と
魅力的な態度で振舞えると思いますよ。

今回は、少々細かい点の話でしたが、意外と盲点かと思います。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

▼どのような話題だと、自然に盛り上がれますか?
▼メールの間隔って何ですか?

という方は、当サイトを参考にして下さい。

☆男性の方はコチラ
☆女性の方はコチラ

あなたの復縁までの指針が見つかるでしょう。

新しい恋だけが前向きだとは思いません。

望む相手とお付き合いが出来ることが、一番の幸せだと思います。
ぜひ、参考にしてみて下さいね。


==================================================================
□■ 成功者の声 ■□ 届きたてのご報告です
==================================================================

■復縁の状況

これといった境界線はないのですが、
復縁報告といっていいのでしょうか??

いっていいと思いたいので、報告させていただきます!(笑)

先週末に彼の友人の男性二人と食事をしたときです。
彼の友人の一人が「この子、きみのかのじょ??」ってきいたんです。
いきなり。。。(汗
私は思わず下を向いて、黙ってしまいました。
彼も一瞬止まっていましたが、「そうよんでもいいよ。」
そうよんでもいいよってことは、「まぁ彼女ってことかな」ぐらいな
ところですかね?!(笑
彼女として認めてもらえたんだと思います。

実は私からの告白といった告白は毎回いい結果は得られなかったんです。。。

前回告白してふられたあとに、中間報告として、メールをさせて
いただいたと思います。年明けころだっと思います。

私たちの関係は、周りからみたら仲のいいカップルに見られていたと思います。
それに、彼にはすごくよくしてもらっていたので、自信はあったけど、
まだ他の女性と連絡をとっているんじゃないかといつも不安でした。

結局自分に自信がもてなくて、またふられるのが怖くて、
次の行動に踏み出せずにいた矢先の出来事でした。


■メッセージ・ご意見

今回の復縁のことも(完全復活といえるかはわかりませんが)、
私たちのなかではっきりとした、ここから彼氏彼女という境界線は
なかったかのように思えます。

少しずつではありますが、以前(付き合っていたころ)よりも
良い関係になっていっていると私は感じています。

結局、こんな復縁報告となってしまいました。
彼を信じるという意味でも、彼のそのときの言葉を前向きに受け止め、
自分は彼女なんだと胸をはって構えることにします!
それくらいのほうが(勘違いしてるぐらいのほうが)自分に自信がつくし、
少しのことでは動じないと、以前浅海様にもいわれました。(笑

その都度、色々的確なアドバイスをありがとうございました!!!
毎週土曜日のメルマガ、月一発行の特別メルマガはいつも楽しみにしていました。
気になるところをプリントアウトしたり、自分なりにノートをつくって、
おさらいしてみたり、これからも恋愛をしていくなかで、自分の大切な
マニュアル本となると思います。

ありがとうございました!!!!


■今復縁を考えている方々へのアドバイスをお願いします

自分に自信をもち、前向きに考えることはすごく大切だと思います。
それは今でも自分の課題であり、恋愛以外でも大切なことだと感じました。
私のばあい、彼に私が「彼女」と認めさせる(笑)のに、別れてちょうど
9ヶ月かかりました。
くじけそうになることもいっぱいあると思いますが、それは復縁できたあとも
同じことだと思います。どんなことに遭遇しても、自分を信じ、相手を信じること、
忘れないようにしていきたいですよね。

幸せは自分で作り出すものです。一緒に頑張りましょう!

==================================================================

本当におめでとうございます!!
Tさんは何度か経過報告をお寄せ下さり、状況は把握しておりました。
彼とはとても良い関係なのですが、最後の彼氏彼女という境界線を
越えられずにいたような感じでした。

今回も、腑に落ちないような感じですが、きっと今後Tさんが彼女として
振舞うことで、自然に彼も認識していくのではないかと思います。
色々なカップルがいますから、いつもドラマチックな展開とは
限らないと思うのです。

きっとTさんと彼にとっては、この形が自然で、らしいのではないでしょうか。

自分に自信を持ち、と何度も書いて下さいました。
Tさんの努力も良く分かりました。
でも、Tさんはいつも前向きで明るい女性だと思います。
きっと、人一倍色々なことを気にしてしまうのでしょう。
十分自信を持って良いと思うので、今後は今回の話ではないですが、
堂々と彼女として、彼と接して下さいね!応援しています!


==================================================================
□■ 日々思うこと ■□ 福島からのメッセージ
==================================================================

こんばんは、復縁アドバイザーの福島です。
まずはこの度もたくさんのご感想をお寄せ下さり有難うございました。
「頑張ります!」「すぐに始めてみようと思います」等の前向きな
ご意見を拝見すると、逆に私の方が温かい気持ちになります。
私の拙い文章へのご批判がないこと、それだけでも感謝の気持ちで
いっぱいです(笑)

こちらこそ、皆様に支えて頂いております。
本当に有難うございます!

さて、今回あなたにお伝えしたい言葉は...

『後悔先に立たず』

ご相談をお寄せ下さる、大抵の方が「後悔しています」と述べられています。
そうですよね。

あの時、つい感情的になってしまい、相手を厳しく責め立ててしまったこと。
好きで仕方がなかった故に、束縛してしまったこと。
馴れ合いが強くなりすぎて、安心しきってしまっていたこと。

いろいろあると思います。

ですが私はそこまでご自身を責めなくても良いのではないかな、と思うのです。
なにしろ、どんなに後悔しても過去は取り消すことは出来ません。

そして後悔からは何も生まれません。

そこで思うのが、「後悔」ではなく、「反省」にしてみると
少し違うのではないかということです。

反省は、間違いなく次に生かせます。

自分には言葉が厳しくなってしまうところがある。(反省)
好きになると、相手の全てを把握しておかないと気が済まないところがある。(反省)
彼(彼女)に対して、家族のように気を抜いてしまうところがある。(反省)

そう考え直せば、じゃあ次からはそうならないように気を付けようと
心がけることが出来ますよね。

別れを経験して改めて気付かれたと思うのですが
彼(彼女)はあくまで他人です。
これを読んで下さっているあなたの意思に、全てがかみ合うわけではありません。

ほんの少しの優しさ、遠慮、緊張感を忘れずに
お互いにとって居心地の良い存在になれると良いですよね!

反省反省、そして前へ!!
私もそんな日々を過ごしております(笑)

────── ∞ ────── ∞ ────── ∞ ───────


いつも最後まで読んで頂き、有難うございます。

あなたの復縁を心より応援しています。


復縁アドバイザー 浅海・福島


復縁アドバイザー 浅海・福島

メールアドレス:
誕生日:(例1988/04/01)
性別: 男性女性

⇒復縁メルマガをもっと読みやすく!!
カテゴリー分けしてこちらからバックナンバーをお読み頂けます。


この記事をはてなブックマークに追加

PageTop



HOME - 復縁・復活愛の方法 - お申し込み - お問い合わせ - 特定商取引法 - プライバシーポリシー - リンクについて - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。