別れは男女の脳の違い? - 復縁方法.jp

あのときの輝きをもう一 度…
大好きな恋人とやり直したいあなたへ贈る最高のプレゼント

復縁、復活愛 元彼と よりを戻したい方、失恋してやり直したい方、
占い や おまじない に頼らず自分で出来る元彼と よりを戻す方法を公開します!

HOME > 復縁事例メルマガ バックナンバー > 別れは男女の脳の違い?

別れは男女の脳の違い?


この記事をはてなブックマークに追加

先日、こんなご感想を頂きました。

女性の脳は上書き保存で、元カレとも恋愛感情なく友達として
接することができる。

男性の脳は個別保存で、フォルダごとにわけるから、
元カノのことを思い出してしまう。

と女友達から聞いたのですが、これは本当なのでしょうか?

この話は私もネット上のどこかで拝見したように思います。

面白い話だなぁと思いました。


少し違いますが、私はどんな方でも脳の中は積み木のように
なっていると思うのです。

今のあなたを作っているのは上書きでも個別でもなく、ずーっと
連なっていると思うのです。

今のあなたがいるのは、過去のあなたがいるからでるよね。

ですからデータで言えば、同じデータでずっと続いている状態。

今もなお <・・・つづく> のような(笑)


私は実際に多くの恋人同士の別れに、毎日毎日携わっているので
強く感じるのですが、上書き保存の男性も女性もいます。

フォルダごとに気持ちが切り替わる男性も女性もいます。

ここは男女の差ではなく、その方個人の差だと思うのです。


しかし、どなたも共通しているのは『積み木』状態。


つい別れを経験すると「あの時こうしていれば・・・」と過去の自分を
否定してしまいがちです。

ただ、過去の自分を否定してしまうと、今の自分も否定する事になります。


もしあなたが、過去の後悔から今の自分を好きになれないのであれば、
こう考えてください。

「あの時の失敗があるから、今の自分がいる。
 今の自分が頑張るから、明るい未来の自分がいる。」

決して過去のあなたを否定しない事。今のあなたを受け入れる事。

明るい未来のあなたを予測する事。


これらはとても大切な事です。


さて、話が大きく逸れてしまいましたが、男女の違いについて。

別れから見る男女の違いについては、本当に色々あります。


一番強く感じるのは、男性のほうが自信を失っていること。

意外ですよね。


やはり普段からプライドを持って物事に取り組んでいるからでしょうか。

もしくは、そうやって強がって頑張らねばならない環境に置かれている
方が多いからでしょうか。

その反動で、ズーンと自信を喪失している状態の方が多いように思います。


普通に考えると、女性の落ち込みの方が大きいと思うのですが。

女性のほうが感情的に考えているので、ご自分の気持ちを整理したり
落ち着ける事にいっぱいいっぱいになっています。

「なぜこうなったのだろうか?」という事よりも
「今、こんなに苦しいんです!!」という事を伝える方が多いです。

そして、この苦しみを早く解消したい!!と、復縁のために
あれこれ動いてしまう方が多いです。


逆に男性は順序立てて考えていくので、その過程で自分の過ちに
たくさん気付いてしまい、その分落ち込み方も大きいのでしょう。

「なぜこうなったのか?」と考えて、行きつく先が「俺って・・・」
という落ち込み。

そこから自信を失ってしまい、次の一歩を踏み出す勇気を持てずに
いる方が多いです。


もう一つ、復縁をしていく過程で思うことが、波に乗ったときの行動。

男性は、それまでの落ち込みが嘘のように
「一気に行こう!!」と、どんどん行動します。

そして行動し過ぎになることが多いです(笑)

逆に女性は、上手くいけば行くほど不安になっていき、
「また失敗したらどうしよう・・・」と段々慎重になっていきます。


これらは、あくまでも多い少ないの話ですので、必ずしもそう
というわけではありませんが。


ただ、これらを元に考えると、復縁をする際に障害が起こることも
とてもうなづけます。

相手の対応を見ても、例えばあなたが元カノと復縁をする際。

段々彼女と連絡が取れてきて、あなたは一気に行こう!と距離を
縮めようとする。

しかし、相手は女性ですから、徐々に別れたあなたとの関係が近く
なるにつれ不安が大きくなってくる。

「また同じことの繰り返しにならないのかな・・・・」
「何か別れた感じじゃなくなって来た・・・」

という不安から、いきなり連絡がパタっと途絶えたり、冷たい態度を
取られてしまう。

それを見て、あなたは「あれ?何か変わった・・・」と今度は
一気に不安になってしまう。

不安から連絡をする勇気も薄くなっていき、距離が開いていく。

すると彼女は「何よ!自分勝手ね!!」と半ば呆れてしまう。


逆に女性は、段々距離が近付くにつれ慎重になります。

元彼からすれば、一気にここは来てくれたら良いのに・・・という
ところで、あなたは変に引き気味になったり、ひねくれた対応を
してしまったり。

彼からすれば「意味が分からん」と気持ちが冷めていきます。

それを見てあなたは「あ!ヤバイ」と慌てて近付くものの、彼は
「今度は迫ってきた」と余計に混乱します。

振り回されたくない、と警戒してしまいます。


ということは、これを回避しようとするならば、こうした違いを念頭に
置いておき、そうならないように注意する事が大切ですよね。


相手の気持ちを知ろうとしても、直接聞くわけにもいきませんし、
なかなか難しい事もあろうかと思います。

そんな時は、少しこの男女の違いについて思い出してみて下さい。

もしかしたら、今の壁はあなた自身が招いた壁かもしれませんし、
あなたの単なる思い過ごしかもしれません。


▼復縁のためにもっと色々知りたい!
▼やっと彼女の気持ちが分かってきました!復縁方法も教えて!!

という方は、当サイトを参考にして下さい。

☆男性の方はコチラ

☆女性の方はコチラ

あなたをグンと復縁に近付ける方法が、ここにあります。

新しい恋だけが前向きだとは思いません。
望む相手とお付き合いが出来ることが、一番の幸せだと思います。

ぜひ、参考にしてみて下さい。

==================================================================
□■ 成功者の声 ■□ 届きたての声
==================================================================

■ご購入の時期

H21年2月


■当サイトの提供するサービスで役立ったもの(複数可)

・マニュアル
・通常メルマガ
・特別メルマガ
・サイトの復縁情報など


■無料相談をされましたか?

いいえ


■メルマガはご覧頂いていましたか?

はい


■マニュアルの中で最も参考になった部分

彼女に新しい彼がいるという部分と、友達として付き合いがある
という部分と、復縁までの方法です。


■マニュアルのご感想

とてもよく書かれていました。細かい内容や、それぞれのケースに
分けて解説してあるので読みやすかったです。


■復縁の状況

別れてからも連絡を取ってましたが、彼氏が新しくできたと
聞いてかなり凹みました。

何とかならないかと思い、こちらのマニュアルを参考に動いてみた
ところ、思いのほか上手くいって彼女と無事に復縁できました。

最終的には彼女が今の彼を振って僕の所に来てくれたので、
嬉しかったです。

なかなか友達から前に進まなくて、いきなり彼氏作られた日には
びっくり&がっくりでしたけど(笑)

僕の反省はきっと、良い人で終わってた事だと思います。
ずっと何か足りないと思ってたんですが、これを読んだことと、
やり直す時に彼女が「ドキドキした」と言ってたことを考えると
やっぱり足りなかったのはあの部分ですね!!(笑)

これからは楽しくやっていきます。


■メッセージ・ご意見

僕に男としての勇気と実力を与えてくれてありがとうございました。
彼氏ができたときはもう無理だと思ったんですが、マニュアルを
知って本当に良かったです。これからも頑張ってください。


■今復縁を考えている方々へのアドバイスをお願いします

意外と良い人止まりの男性は多いと思います。
友達になってしまうと、そこで良い人で終わってしまうと
僕の友人も行ってたので、最初は不安でした。
でも、逆転することは可能だと思います!頑張ってください!

==================================================================
※個人情報・マニュアルの内容に関わる部分などを
  一部変更して記載しています。

初めまして、ご報告有難うございます。
確かに、友達と恋人の境目には大きな感情があると思います。

しかし、別れた後に友達として立場を確立できていたからこそ、それも
可能だったのだと思います。きっとそれはGさんの努力も大きいと思います。

これからも彼女と楽しく仲良くお付き合い下さい!応援しています!


復縁アドバイザー 浅海・福島

メールアドレス:
誕生日:(例1988/04/01)
性別: 男性女性

⇒復縁メルマガをもっと読みやすく!!
カテゴリー分けしてこちらからバックナンバーをお読み頂けます。


この記事をはてなブックマークに追加

PageTop



HOME - 復縁・復活愛の方法 - お申し込み - お問い合わせ - 特定商取引法 - プライバシーポリシー - リンクについて - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。