復縁の本当の問題を見つけるには? - 復縁方法.jp

あのときの輝きをもう一 度…
大好きな恋人とやり直したいあなたへ贈る最高のプレゼント

復縁、復活愛 元彼と よりを戻したい方、失恋してやり直したい方、
占い や おまじない に頼らず自分で出来る元彼と よりを戻す方法を公開します!

HOME > 復縁事例メルマガ バックナンバー > 復縁の本当の問題を見つけるには?

復縁の本当の問題を見つけるには?


この記事をはてなブックマークに追加

復縁の本当の問題を見つけるには?


ご相談を拝見していて、こんな質問をよく目にします。

「彼にメールを送ってみたいけど、どんな内容が良いの?」

「彼女を誘いたいけど、断られないためにどうすれば?」

「またメールを無視されたら嫌だ。どうすれば良い?」


あなたも、考え込んでしまうことがあるのではないでしょうか。


考えて考えて、「よし!こんな内容にしよう!」と思ったものの、
相手からの返信内容をだいたい予想できるため、

「もっと良い内容のほうが良いかな・・・」

と、また躊躇ってしまう。


考えなしに動いた方が良い、ということではないのですが、
もしかして考え過ぎていませんか?


何事もそうなのですが、頭でっかちになって難しく考え過ぎて
しまうのは良くないと思うのです。

おそらく、身動きが取れない・・・と悩んでいらっしゃる方の
大半はこの状態だと思います。

第三者から見れば

「こうすれば良いじゃない」

というのがアッサリ分かるのですが、当の本人は難しく考え過ぎて
答えが見つかりません。

例えば、私は最近ゴルフを始めたのですが、
真っ直ぐ前に飛びません(笑)

周囲から見れば「こうすれば良い」と分かるため、教えてくれます。

私も言われたようにしようと思っても、体が思うように動かなかったり、
頭がこんがらがって余計に変な方向に飛んだりします。

かと思えば、とりあえず振ってみよう!と思い切って打ってみると
良い方向へ飛んだり。

これは、難しく考え過ぎて体に変な力が入っていたり、
余計に変なスイングになっているからだと思うのです。


復縁も同様に、あれこれ考え過ぎて動けなくなってしまうのです。


しかも、もっと恐ろしいことに
今、あなたが頭で考えている問題も実際に動いてみると

「間違えた悩みだった」と気付くでしょう。


よくあるのですが、メールを送ってみましょうとお伝えして、
ご相談者はその文例を一生懸命考えてくださいます。

文例とともに、こんな時はどうすれば良いですか?と、相手の
反応を予測して質問も頂きます。

ですから、こんな風に返事をしましょう、とまた返すのですが。

実際にそのメールを送ってみると、想像していなかった返信が
相手から届きます。


もしくは、結局その内容では良くないだろうとご相談者が判断して
全く違う内容で送ってしまい、返信が来ないなど。


思うようにいかないものです。


これは復縁に限らず、何でもそうだと思います。
思い描いたとおりの人生を送っている方は少ないでしょう。


ですから、本当にあなたの力が試されるのは、

『動いた後』

だと思っています。


予想通りにいかないでしょうし、思わぬ難題にぶつかるかもしれません。

ですが、それが"本当の"

『あなたが復縁のために解決すべき問題』なのです。


動く前に悩んでいた問題は、想像上の問題に過ぎないと思います。

動いて初めて出てきた問題が、
あなたが本当に対処しなければならない問題です。
    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

しかし、多くの方は動く前に悩んでしまいます。

そして、タイミングを逸したり、結局動けなかったり。

ですから、今、もし動けないと悩んでいるのであれば、
まずはエイっと動いてください。

本当の問題はそこから生まれます。

そして、本当の問題を対処していくので復縁に近付くのです。

想像だけで落ち込んだり、復縁に近付いた気分になるのではなく、
どんどん行動していきましょう。

行動と言っても、『復縁のための行動』です。

やみくもに動くのではありません。

もしあなたが、動くべきタイミングでないのなら、
「動かない」ということも、一つの復縁のための行動です。


動いた後から、本当の解決すべき問題が見えてくるはずです。

大丈夫です、今よりも悪化することは無いと思います。

自信を持って前に進みましょうね!!


▼動くといっても、何からすれば良いですか?
▼「動かない方が良い」というのは、どんな時ですか?

という方は、当サイトを参考にして下さい。

☆男性の方はコチラ
☆女性の方はコチラ

あなたをグンと復縁に近付ける方法が、ここにあります。

新しい恋だけが前向きだとは思いません。
望む相手とお付き合いが出来ることが、一番の幸せだと思います。

ぜひ、参考にしてみて下さい。


==================================================================
□■ 成功者の声 ■□ 届きたての声
==================================================================

■ご購入の時期

20年12月


■当サイトのサービスで役立ったもの(複数可)

・マニュアル
・通常メルマガ
・特別メルマガ


■マニュアルの中で最も参考になった部分

すべて参考にさせていただきました。
自己改革からきちんと説明してあったのでとても信頼できました。


■マニュアルのご感想

自分では気付けなかった本当の問題に気付くことができました。
相手の立場で考える、復縁の3点セット、はとても役に立ちました。
根本の部分を教えてもらえるので、迷った時は開いてました。
私にとっては、無くてはならない本でした。


■復縁の状況

何から書けば良いのか分からないのですが、最終的に彼は
復縁したいということ、結婚したいということを言ってくれました。

私と彼は別れる3ヶ月前ほどから険悪な雰囲気で、会えば
いつも喧嘩をしていました。互いに疲れ果て、別れを選択しました。
当然、連絡を取るわけでなく月日は流れ、今から1年ほど前、
別れて半年ちょっと経過したくらいに再会しました。

再会してから、それまで蓋をしていた彼への気持ちが一気に
溢れ出してしまい、もう復縁以外は考えられないと
思うようになりました。

しかし、何からどうすれば良いのかも分からず、下手に動いて彼に
嫌われるのも怖かったので悩んでいたところ、浅海さんの本に出会い
ました。半年間の反省は、全く的外れなもので、別れの本質を
知ったと思いました。

それから、マニュアルに書いてあるように当たり障り無い話から
連絡を取り始めました。メルマガでよく見る復縁のご報告は、
山あり谷ありという印象ですが、私はそんなこともなく、彼と
スムーズに連絡が取れました。

とりあえず、未練を見せてはいけないということと、
3点セットはかなり一生懸命心がけました。

そうしていたら、彼から復縁と結婚を申し込まれました。
こんなに簡単に!?と思ったのですが、よくよく考えると、私の
取ってきた行動はマニュアルにあるようなものばかりでした。
初めから知ってたら、こんなに不安にならなくても良かったのに
と思ったくらいです。

再会までに程よく時間が経過していたこと、その後も頻繁に
連絡をしなかったこと、連絡をしたときは3点セットに気をつけた
こと、その辺りが功を奏したかな、と自分では分析しています。


■メッセージ・ご意見

お世話になります。いつもメルマガを拝見しています。
お会いしたこともないのですが、とても親近感を感じる内容で
昔からの恩師のような印象です。
今回、こうしてご報告できて本当に嬉しいです。
私の経験が、今復縁を考えている方々に少しでもお役に立てば
と思います。これからも応援しています。
新しい本も早速予約させてもらいました。楽しみにしています。


■今復縁を考えている方々へのアドバイスをお願いします

別れの原因をきちんと見極めることが大切だと思います。
私も思っていた原因と、本当の原因が違いました。
間違えた原因を対処していくと、間違えた結果になってしまうと
思います。冷静に別れの原因を考えて、それを変えていけば
復縁できると思います。頑張ってください。

==================================================================
※個人情報・マニュアルの内容に関わる部分などを
一部変更して記載しています。

初めまして、ご報告有難うございます。

分析をして下さった所に、Tさんのお人柄が何となく見えました(笑)
きっと芯の強い、努力家の女性だと思います。そんなTさんだからこそ
彼もご結婚前提での復縁を考えたのでしょう。

これからもお互い大切に思い合う、ステキなご夫婦になると思います。

別れの原因は確かに、とても大切です。おっしゃる通りで、間違えた
原因から対処をしても本質が変わらないので遠回りですよね。
貴重なご意見を有難うございます。

ぜひ末永くお幸せになさって下さい。心から応援しています!!


復縁アドバイザー 浅海・福島

メールアドレス:
誕生日:(例1988/04/01)
性別: 男性女性

⇒復縁メルマガをもっと読みやすく!!
カテゴリー分けしてこちらからバックナンバーをお読み頂けます。


この記事をはてなブックマークに追加

PageTop



HOME - 復縁・復活愛の方法 - お申し込み - お問い合わせ - 特定商取引法 - プライバシーポリシー - リンクについて - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。