クリスマスまでに復縁しよう!第3弾『お誘い編』 - 復縁方法.jp

あのときの輝きをもう一 度…
大好きな恋人とやり直したいあなたへ贈る最高のプレゼント

復縁、復活愛 元彼と よりを戻したい方、失恋してやり直したい方、
占い や おまじない に頼らず自分で出来る元彼と よりを戻す方法を公開します!

HOME > 復縁事例メルマガ バックナンバー > クリスマスまでに復縁しよう!第3弾『お誘い編』

クリスマスまでに復縁しよう!第3弾『お誘い編』


この記事をはてなブックマークに追加

メールのやり取りも慣れてきて、徐々に自然になってきたなら。

そろそろ、良い意味でスパイスを与えるためにも
軽くお誘いをしてみたほうが良いでしょう。


というのも、これまでご相談を担当してきて感じているのですが、
メールのやり取りをひたすら続けていると、徐々に相手が飽きてきて
逆に距離があき始めるという逆転現象が起こります。

彼(彼女)も、ただメールをやり取りするだけでは、
徐々にテンションが下がっていくと思うのです。


おそらくメールの頻度が上がり始める頃は、

「何だろう、もしかしてまだ気があるのかな・・・」とか
「久々にメールしてみると、やっぱ楽しいな」など

テンションも上がってきています。


このタイミングで、何かもう一歩距離を縮めるイベントを
行ったほうが良いでしょう。

それが、『会ってみる』ということだと思います。

しかし、このタイミングを逸してしまうと、盛り上がり具合が徐々に
落ち着いていき、ゆるやかな下降曲線を辿ることになります。


多くの方は、その下降気味の時に相手が離れていっていると感じ
慌てて誘ってしまうのです。

でも、気持ちが冷めてきているのでOKをもらえないことも
多くなってしまいます。


ですので、今もし、あなたが彼(彼女)と連絡を取り始めて、
もしくは徐々に盛り上がってきて、
何だかしっくり来るなぁとか、いい感じだなと思うのなら
勇気を出して誘ってみましょう。


そこで、このお誘いなのですがポイントがあります。


1.いきなり具体的に誘わないこと

2.NGならすぐに引くこと

3.ついでに何か頼んでおくこと


1の『具体的に誘わない』というのは、特に要注意です。

初めて一歩距離を縮めようとしているのですから、いきなり
「○月○日にご飯食べに行こうよ!」という感じで誘ってしまうと
相手もいい気がしません。

もっと遠まわしなところから反応を見たほうが、仮にNGだった
場合の痛手も少ないですよね。

ですから、あくまでも社交辞令の感覚で
「またご飯でも行きたいね~」と軽く伝えておきます。

それで彼(彼女)から「そうだね~」なんて返って来たらラッキーです。

ここで小さいながらも彼(彼女)のYESが取れているので
次に本格的に誘うときに誘いやすいです。


2はそのままです。すぐに引きましょう。
その時の決めゼリフもあるのですが、それは割愛します。


3は、知っておくと便利です。

ちょっとした心理トリックなんですが、人は断ったあと、
何となく申し訳ない気分になります。

その瞬間に、もっと軽いお願いをするとOKをもらいやすいのです。

私も営業をやっていた頃、最初ガツンと断られるので、
そこからチョロっと何かお願いをしていました。

例えば使っているペンが書きやすそうだからメーカーを
教えて欲しいなど。

その程度なら誰でもOKをしてくれるので、そこから少し会話して
仲良くなることが出来ます。すると次につながったりします。

ですから、仮に断られたとしても臆さないこと。

思い切って、もっと簡単なお願いを何かしてみて、そこで
OKをもらっておくと次に繋がります。


この3つのポイントに注意してみてください。


では、ここから、昨日頂いたご質問にお答えしますね。


Q.彼は私が引くと連絡してきたり、かと思えば何も真剣な話をせず
  茶化したり、じゃあ・・と思って私から誘ってみれば返事を返さない。

  おそらく彼としては、
  ・彼女がいるから、私に期待させないようにしている。
  ・別れた罪悪感から、そんな都合のいいことはできないと思っている。
  ・ただ気乗りしない。
  というところかなと思います。


A.あまのじゃくな彼なのですね。
  お付き合いをしていた頃から、ブツブツ言いながらも要望を
  聞いてくれるタイプの彼だったのであれば、彼の反応にめげず
  誘ってみてください。気分でOKしてくれます。

  逆に、別れてそんな状態になったのであれば、期待させないため
  という可能性があります。彼自身冷たくしたくないし切りたくも
  ないし、という狭間でちぐはぐな対応になっているのでしょう。
  いつも誘う場面で誘わないなど、変化を付けてみると良いのでは
  ないでしょうか。

Q.今度気軽に飲みにでも行こうよ!とか、誕生日のお祝いに、
  いっぱい御馳走するよ!の返信内容には、その部分は触れずに、
  返されます。


A.とてもよく分かります。このパターンは原因が2つ考えられます。
  一つ目は、お誘いの話よりも返信必須の内容がある。
  二つ目は、けじめをつけたいと思っている。

  誘う話よりもインパクトの強い話があると、そちらに気を
  取られて答え忘れるということも多々あります。ただ、その状況が
  何度も続くと少し不自然ですね。

  二つ目は前に誘って断っれた経験のある方に多いです。
  彼の中で、メールの返信はOKだけど会うのはNGなど
  ルールが出来ている可能性があります。

  この場合は考える時間を与えるよりも、電話などでサクっと
  誘って少し押してみると良いと思います。

Q.今度は電話で誘ってみようと思いますが、彼女とは5年間の
  付き合いだったので、なんとなく情で私と連絡しあっている
  のではないか等の不安がついよぎってしまいます。


A.連絡しやすい雰囲気が作れているということは、とても良いこと
  だと思いますよ。こちらが構えてしまうと相手も構えてしまう
  ので、これまで同様気楽な感じで、その延長で誘うという感覚
  で良いと思います。

  また、今日書いたように誘うにしてもいきなり具体的に誘うより
  遠まきな感じで言ってみるところからスタートして様子を見て
  みてください。


復縁が前に進めば進むほど、失敗したくないという気持ちも
強くなるでしょうし、タイミングの見方が分からなくなったり
することもあるでしょう。

ただ、やはり盛り上がっている時は積極的になった方が良いと
思います。ここで変に遠慮をするのも良くないでしょう。

ぜひ勇気を出して、彼(彼女)を誘ってみてくださいね!


▼もっと色々なパターンなど教えて欲しい
▼失敗したら・・と思うと前に進められない

という方、復縁までの方法を細かく解説しています。
宜しければ参考にしてみてください。

復縁したい男性の方はコチラ

復縁したい女性の方はコチラ


新しい恋だけが前向きだとは思いません。
望む相手とお付き合いが出来ることが、一番の幸せだと思います。

少しでもお力になれれば嬉しいです。


==================================================================
□■ 成功者の声 ■□ フォーム以外からのご報告
==================================================================

いつもメルマガ拝見しています。
何度も支えてもらいました。
この前、私も復縁することができました。

よくメルマガで見かけるご報告では、どちらかが告白して
という感じですが、私の場合はそんな感じではなくて。

正直、今もまだ本当に大丈夫かな?という不安もあります。

でも彼は私のことを休日の予定に当たり前のように入れてくれてたり、
今度はどこどこ行こうとか、付き合ってる感じです。
周りの友達も、もうわざわざ言わなくても良いんじゃない?と
言ってるので私もそう思って確認してません。

言葉はありませんが、彼の態度の節々に私をちゃんと彼女として
扱ってくれてることが分かるので、今とても幸せです。

これも浅海さんのおかげだと思ってます。
何だかスッキリしない報告で申し訳ありません。
私自身、この報告を浅海さんにすることで、復縁から卒業と
区切りをつけたいのかもしれません(笑)

ぜひ受け取ってやって下さい。
これからもご活躍を楽しみにしています。
読んで頂いてありがとうございました。

==================================================================
※個人情報・マニュアルの内容に関わる部分などを
一部変更して記載しています。

ご報告ありがとうございます。
彼が彼女だという認識で、Hさんもそう思うのなら、それで良いのだと
思います。改まって確認する必要はないと思うのですが、例えば
「クリスマスはやっぱり恋人のお祭りだよね!」など、二人が恋人同士
という前提で彼に話をしてみて、彼が特に否定しないようであれば、
それが答えなのではないでしょうか。

大丈夫ですよ、自信をもって。もう立派な彼女だと思います。
ぜひ楽しくお付き合いくださいね!


復縁アドバイザー 浅海・福島

メールアドレス:
誕生日:(例1988/04/01)
性別: 男性女性

⇒復縁メルマガをもっと読みやすく!!
カテゴリー分けしてこちらからバックナンバーをお読み頂けます。


この記事をはてなブックマークに追加

PageTop



HOME - 復縁・復活愛の方法 - お申し込み - お問い合わせ - 特定商取引法 - プライバシーポリシー - リンクについて - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。