都合の良い関係?それとも・・・ - 復縁方法.jp

あのときの輝きをもう一 度…
大好きな恋人とやり直したいあなたへ贈る最高のプレゼント

復縁、復活愛 元彼と よりを戻したい方、失恋してやり直したい方、
占い や おまじない に頼らず自分で出来る元彼と よりを戻す方法を公開します!

HOME > 復縁事例メルマガ バックナンバー > 都合の良い関係?それとも・・・

都合の良い関係?それとも・・・


この記事をはてなブックマークに追加

別れた後も、何となくズルズルと関係が続き、頭が混乱している方も
いらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、そんな状況を少し取り上げてみたいと思います。

男性からのご相談では、元カノが都合の良い時にばかり連絡をしてくる
というご相談が多いです。

例えば、こちらがメールを送っても全く返事が無い。
かと思えば、とてもスムーズに連絡が続く時期もある。
彼女が何を考えているのか全く分からない。

というご相談が多いです。


女性からのご相談では、体の関係も持ってしまっているけれど、
「彼女ではない」と言われる、というご相談が多いです。


別れた後に冷たくされていたり、明らかに前と態度が変わったという
状況であれば、あなたとしても行動を判断しやすいでしょうが、
曖昧な態度は理解不能という状況ではないでしょうか。

これは相手のタイプを考えてみた方が良さそうです。

例えば軽いタイプの元恋人であれば、よく言われる『保険』という
状態だとも十分考えられます。

「とりあえず、自由になりたいから別れておいたが、相手がまだ自分に
  気があるので、良い人が現れなかったらまた付き合おう」

という発想です。


この場合は、相手が軽いので対処も比較的簡単だと言えます。

というのも、良い人が現れる云々よりも、あなたがより魅力的な人になれば
良いからです。

サラっと言ってしまいましたが(笑)

簡単なことでは無いと思うのですが、それが近道ではないかと思います。

いつ現れるか分からない元恋人の新しい恋のお相手に怯えるよりも、
今連絡が付くあなたが、彼(彼女)にとって魅力的な異性になれば
彼(彼女)も

「あ、意外と良いな」

と思ってくれるでしょう。

しかも、連絡を取ることも可能ですから、あなたが魅力的だと思わせる
チャンスは十分にあると言えます。


では逆に、相手が真面目で、浮気はしないというタイプであれば。

彼(彼女)もあなたと切れないことに対して、罪悪感を持っているでしょう。

先ほどのご相談の例であれば、

<男性の場合>

彼女はあなたと頻繁に連絡を取ることは、良くないことだと思っている。
でも、困った時や寂しい時についつい頼ってしまう。
なので、連絡にムラがある。

と考えてみると良いでしょう。


<女性の場合>

あなたのことを決して嫌いではないし、軽くも考えていない。
本当は好きな気持ちもある。
でも、付き合うことが面倒だと彼は思っている。
おそらくこのケースは、付き合っていた時に彼女のほうが彼を束縛したり、
苦言を言うことが多かったのではないでしょうか。

ですから、今の気軽な関係の方が伸び伸びと楽しめる。
責任も無いですし、あなたにブツブツ言われることも無いため。

と考えてみてはいかがでしょうか。


男性は『心と下半身が別』なんて言い方をされていた頃もありましたが、
今時、そんな節操の無い男性はいないと思います。

また、そんな男性とお付き合いをそもそもしていないと思うのです。

ですから、別れたとはいえ、あなたに心が少なからずあると思います。


女性も依存心の強い方はいますが、嫌悪している相手に依存することは
無いと思われます。

ですから、少なくとも頼りにされているあなたは、彼女にとって
必要な存在だと思うのです。


確かに別れてなお、思わせぶりな対応をされると悩んでしまうでしょう。

「それなら付き合えば良いのに」

と思ってしまいがちです。


しかし、少し立ち止まって相手の気持ちを考えてみて下さい。

別れてなお離れられないほど、あなたに気持ちがある若しくはあなたが
必要なのだと思うのです。

それでも付き合えないほど、相手にとってあなたとのお付き合いが
辛かったのです。

その気持ちは、すぐに癒えないのではないでしょうか。

ここであなたが焦って、相手に結論を求めるのは少々酷です。

それよりは、相手を支えたり癒したりしながら、彼(彼女)の気持ちが
落ち着くのを待ってみて下さい。

落ち着いたら、きっとまたあなたを選ぶと思います。


とはいえ、ただただ待てというのではないですよ。

その間に、相手がもう一度あなたに恋をするように仕向けた方が
より復縁に近付くのではないかと思います。


最近のご相談に、都合の良い関係を悲観されているものが多かったので、
今回は少し取り上げてみました。

都合の良い関係というのは、決して悪いことではないと思います。

あなたの彼(彼女)のリハビリ期間と捉えて、信頼回復のために
頑張ってみて下さい。

▼待っている間に何をすれば、もう一度恋をしてくれますか?
▼もう一度彼(彼女)が振り向いてくれるような魅力って何ですか?

という方は、当サイトを参考にして下さい。

☆男性の方はコチラ
☆女性の方はコチラ

あなたの復縁までの指針が見つかるでしょう。

新しい恋だけが前向きだとは思いません。

望む相手とお付き合いが出来ることが、一番の幸せだと思います。
ぜひ、参考にしてみて下さいね。


==================================================================
□■ リクエストにお答えします ■□
==================================================================

メルマガ読者の方から、いくつか「こんな話を書いて欲しい」という
リクエストを頂いていたので、一部ではありますがお答えします。


【Q】バレンタインに元カノからチョコレートをもらいました。
    この後、どうやって次に繋げていったら良いですか?

【A】状況によりますね。例えば同じ職場で、同僚皆にチョコを配った
    うちの一つであれば、大きな行動を起こさない方が良いでしょう。

   そうではなく、あなたのためにわざわざ用意をしたというもので
    あれば、ホワイトデーにお礼を兼ねて食事などに誘ってみると
    良いのではないかと思います。


【Q】彼女はいないという元カレですが、この前女の人と一緒に歩いている
    のを見ました。軽く「見たよ~」と冗談ぽく聞いたのですが、彼女
    ではないと言います。本当のところはどうなのでしょうか?

【A】どちらにしても言いたくないのであれば、詮索しないのが一番です。

   彼女では無いと彼が言うのであれば、それが事実なのかもしれませんよね。

   逆に、本当は彼女で、あなたに嘘をついたのだとしたら。
    なぜ、彼はそんな嘘をついたのでしょうか?

   あなたを傷付けたくなかったから、あなたに知られたくなかったから。
    いずれにせよ、あなたに自分のことを忘れ去って欲しいと思っている
    彼であれば「彼女だからもうオレに構うな」と言うでしょう。

   それをしないということは、あなたにもまだ気持ちがあるのだと思います。
    そんな無粋な質問に時間を使うよりも、楽しい話をした方が良いです。


【Q】遠距離での復縁のコツを教えてください。

【A】この質問、リクエストは多いです。
    遠距離について取り上げて下さい、など。

   遠距離での復縁については、特別メルマガでも取り上げました。
    復縁事例もございます。宜しければ一度ご覧になってみて下さい。
    特別メルマガはこちら
     → http://xn--b5tw8k9xgm8s.jp/1webart.html

   遠距離のコツといえば、一番大切なのは、あなたが遠距離だからと
    身構えないことです。

   というのも、遠距離でもそうでなくても、忙しかったり意見の違いで
    すれ違っていくカップルは沢山います。それを遠距離のせいにしたり
    復縁の際にもあなたが遠距離であることを意識してしまうと、
    当然ですが相手も同じように感じてしまいます。

   ですから、一番大切なことは、あなたが気にせず普通に連絡を取り合う
    ことだと思います。

==================================================================

まだまだここには掲載しきれないほど、リクエストをお寄せ頂いております。 また折を見て、取り上げて行きたいと思います。 上記のリクエストについても、詳細をまた書ければと思っています。 楽しみにしていて下さいね!

────── ∞ ────── ∞ ────── ∞ ───────


いつも最後まで読んで頂き、有難うございます。

あなたの復縁を心より応援しています。


復縁アドバイザー 浅海・福島

メールアドレス:
誕生日:(例1988/04/01)
性別: 男性女性

⇒復縁メルマガをもっと読みやすく!!
カテゴリー分けしてこちらからバックナンバーをお読み頂けます。


この記事をはてなブックマークに追加

PageTop



HOME - 復縁・復活愛の方法 - お申し込み - お問い合わせ - 特定商取引法 - プライバシーポリシー - リンクについて - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。