新しい恋人への愛情を冷めさせる一言とは? - 復縁方法.jp

あのときの輝きをもう一 度…
大好きな恋人とやり直したいあなたへ贈る最高のプレゼント

復縁、復活愛 元彼と よりを戻したい方、失恋してやり直したい方、
占い や おまじない に頼らず自分で出来る元彼と よりを戻す方法を公開します!

HOME > 復縁事例メルマガ バックナンバー > 新しい恋人への愛情を冷めさせる一言とは?

新しい恋人への愛情を冷めさせる一言とは?


この記事をはてなブックマークに追加

元彼女(元彼)に新しい恋人がいる、というケースの方も多いのでは
ないでしょうか。

そのような方はきっと、心の底では新しい恋人を否定しつつも
元彼女(元彼)にズバっとそんな非難をするわけにもいかず、何となく
モヤモヤとしていませんか?

「俺の方がお前のことをずっと分かってるよ」

「私の方が、あなたをずっと大切にしているよ」

あなたの言いたいことは沢山あるでしょう。


でも、言ってしまったら元彼女(元彼)を怒らせてしまうかもしれない。

そんなことを言う自分が情けなくて嫌だ。

モヤモヤした気持ちのまま、何となく相手の新しい恋を応援しなければ
ならないような、不完全燃焼な気持ちがくすぶっていると思います。

ストレスが溜まりますね。

伝えたいけれど、伝えられない。


そんな気持ちをサラっと伝えて、しかもあなたの印象が悪くならない
魔法の言葉があります。

その一言で、元彼女(元彼)はグサっとあなたの言葉が胸に刺さり、
今の恋人への気持ちが一気に揺らぐ言葉。


それは

「それって、本当に大切にされてるのかな?」


あくまでも一例ですが。

というのも、状況によってこの言葉は変わります。

例えば、彼女が「連絡はあまり取ってないけど、会った時には優しいよ」
と言った場合などは、上の言葉が当てはまりますね。

他にも、彼が「彼女は料理が嫌いだから外食をよくするよ」と言った場合。

「それって、面倒なだけじゃないのかな?」

ズバっと言ってしまっているように見えますよね。

この言葉は、元彼女(元彼)が気にしている、不安に思っていることを
ズバっと言うほど良いと思います。


まず、ポイントは疑問形にすること。

「それって大切にされて無いよ!」と言い切ってはなりません。

相手は「大切にされてないのかな?」という不安が根底にあると思うのです。
ですから、相手と同じ目線でその不安を口にします。

もし相手が「大切にされていない!!」と確信を持って不満を抱えているので
あれば、おそらく今の恋人とは別れを考えるでしょう。

そこまで具体的に不満として相手の気持ちでは整理されていない、
まだ『漠然とした不安』という段階です。

ここでズバっと言い切ってしまうと、元彼女(元彼)は
「そんなことは無い!」と反発心が生まれてしまいます。

ですから、あえて言い切るのではなく「なのかな?」と疑問で。

もっと言うなら、その疑問を投げかけた後に
「まさかね。仲良さそうだもんね(笑)ゴメンゴメン」と自分で
否定をしておきます。

すると、相手の心の中には疑心暗鬼だけが残ります。

あなたに非難をされたということではなく、今の恋人への疑心暗鬼だけが
残るのです。

「元カノはこう言ったけど、確かに大切にされて無い気もする・・・」

すると、今の恋人に対してそういった視点から見るようになります。

「あ、こんなこと言うなんて、大切に思われてないかも・・・」
「本当に好きなら手料理を食べさせたいとか思わないのかな?」

徐々に、漠然とした不安が、不満としてハッキリとした形を持ち始めます。


あなたは、後は何もしなくて良いのです。

こうして一石投じて、あとは元彼女(元彼)の気持ちが変化していくのを
静かに見ましょう。


ただし、このように一石投じるにも、そこまでのステップをきちんと
踏んでいないと、ただの嫌味な人になってしまいます(笑)

まずは元恋人があなたに今の恋人について語ってくれる間柄を
築くことが大切ですよね。

また、このような手段を書くと
「でも、こんなことを言って余計に怒らせたりしませんか?」
と不安に思う方もいらっしゃるでしょう。

そのような方は、もっと婉曲に伝えることも可能です。

先ほどの「それって、本当大切にされてるのかな?」という
セリフにしても、もう少し柔らかく。

「なるほどね。でもこれこれこうだから、きっと大丈夫だよ。
でも俺なら大切にされてるのかな?って不安になるかも(笑)
まだまだ俺も修行不足だね(笑)」

のように、相手の気持ちを楽にしてあげた上で、
「自分ならこう思うなぁ」と伝えてみる。


いずれにせよ、相手に新しい恋人がいる場合、その恋人への気持ちが
離れていかなければ、あなたに振り向いてもらえないですよね。

相手も大切、あなたも気になる、という状態は『都合のいい関係』に
なりかねないと思うのです。

上手く今の恋人への気持ちをグラつかせ、
「気が付けばあなたが一番だった」という状況を作るには、
ただ待っていても難しいと思うのです。

かといって、積極的に動くのも危険です。

このバランスを上手く取りながら、相手の気持ちをあなたへ向けて
行ってくださればと思います。

▼恋人の話をしてくれる関係はどうやって築けば良いのですか?
▼もっと細かく相手の気持ちを自分へ向ける方法を教えてください。

☆男性の方はコチラ
☆女性の方はコチラ

あなたの復縁までの指針が見つかるでしょう。

新しい恋だけが前向きだとは思いません。

望む相手とお付き合いが出来ることが、一番の幸せだと思います。
ぜひ、参考にしてみて下さいね。


==================================================================
□■ 成功者の声 ■□ 届きたての声
==================================================================

■ご購入の時期

2007年4月


■当サイトの提供するサービスで役立ったもの(複数可)

・マニュアル
・通常メルマガ
・特別メルマガ
・無料相談


■無料相談をされましたか?

はい


■メルマガはご覧頂いていましたか?

はい


■マニュアルの中で最も参考になった部分

連絡の取り方や、それぞれのケースごとの復縁方法。


■マニュアルのご感想

これでもかというくらい細かく書いてあったので、本当にすごいと
思いました。こんな時はこうすれば良いというのがとてもよく
分かって、その通りに進まない時も焦らずに済みました。


■復縁の状況

私の場合、時間がかかるだろうなということは分かっていました。
別れた後に、かなりしつこく彼にしてしまって、連絡にも全く
応じてくれなくなっていたからです。

でも、そんな時にマニュアルに出会って、こうしたら良いという
方法が沢山書いてあって、焦らずに動くことができました。

段々彼からの返信も増えてきて、何度か会うこともできました。
そしてついに先日、私からの「もう一度恋人にならないかな?」という
言葉に頷いてくれました。


■メッセージ・ご意見

お久しぶりです。もう覚えていらっしゃらないかもしれませんね。
ご相談をさせて頂いてから随分時間が経ってしまいました。
浅海さんのアドバイスを見て涙した日を今でも覚えています。
「もう無理」と思いながら相談をしたのに
「YさんにはYさんの方法があります。復縁できますよ」と
言って下さったことが、どんなに励みになったことか。
おかげさまで、私のペースで進めて(こんなに時間がかかりましたが)
無事に復縁できました。

いつもメルマガを拝見しながら、勇気付けられたり、反省したり。
これからは彼と幸せになれるように、同じ失敗をしないように、
沢山愛されるように(笑)、頑張っていきたいと思います。
浅海さんもお体に気をつけて。メルマガも楽しみにしています。


■今復縁を考えている方々へのアドバイスをお願いします

諦めなければ復縁はできます。
こんなにも沢山復縁している人がいるのに、自分だけできないという
ことはないと思います。

私の別れは本当に酷いものでした。正直、生きてるのも嫌になりました。
でも、努力は裏切らないと思います。本当にそう思います。

自分のペースで復縁をすることが大切なので、他の人と比べて
落ち込んだりしないで下さい。応援しています。

==================================================================
※個人情報・マニュアルの内容に関わる部分などを一部変更して記載しています。

ご報告有難うございます!!覚えていますよ!
Yさんが言いにくい内容でも正直に書いて下さったからこそ、私も
真剣にアドバイスできたのだと思います。

時間がかかるだろうなと感じたので、諦めずに復縁まで漕ぎ着けた
ご報告を頂いて、本当に嬉しい限りです!よく頑張りましたね!!

きっとそこまでには色々なことがあったと思うのです。
でも、彼の愛情を取り戻したことで、全て報われたのではないでしょうか。
ぜひ末永くお幸せに、お体を大切に楽しく過ごして下さいね!


復縁アドバイザー 浅海・福島

メールアドレス:
誕生日:(例1988/04/01)
性別: 男性女性

⇒復縁メルマガをもっと読みやすく!!
カテゴリー分けしてこちらからバックナンバーをお読み頂けます。


この記事をはてなブックマークに追加

PageTop



HOME - 復縁・復活愛の方法 - お申し込み - お問い合わせ - 特定商取引法 - プライバシーポリシー - リンクについて - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。